グリーンフラスコショップ店長日記


by gf-smanager

12月26日 定番

あっという間にクリスマスさえ過ぎてしまいました、、
年の瀬のオソロシイところです。

父が漢方薬局をやってます。
なので昔から漢方を使ってます。

子どもの頃、体調崩した時に現れる症状って結構決まってますよね。
私はおなか。今もおなかをこわした時には子どもの頃と同じ漢方を飲んでます。
定番は『半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)』

実は叔父も3人、漢方薬局をやっています。
なのでいとこ達も小さい頃から漢方体質(?!)
秋口にいとこと出掛けた際、冷えておなかをこわした彼女に
「シャシントウあるよ」と言ったら、
「私はコレ」と別処方をかばんから取り出しました。
「(やっぱり)持ってるよね~」と顔を見合わせて笑っちゃいました。

頼りにできる薬があるのは悪いことじゃないし、
むしろあるというだけで気持ちの面で安心感も生まれると思います。
でも、コレがあるから大丈夫と、油断してしまうこともある気がする。

ハーブは薬ではなく、食品です。
季節が変わるとき、体もちょっとずつ季節に合わせるように調えていきたい。
そんな時は日々の習慣にできる食品としてのハーブはとっても便利だと思うんです。

これからの季節の自由が丘店おすすめは、オリジナルブレンドハーブティー『新年茶
年末年始の飲みすぎ食べ過ぎを解消し、心も体もしゃっきりさせてくれるブレンドです。
ハイビスカスの赤があざやかで、見た目にもおめでたいからお年賀にもおすすめ。
c0194387_11522729.jpg

年の初めに良い習慣、始めてみませんか。
[PR]
by gf-smanager | 2009-12-26 11:55