グリーンフラスコショップ店長日記


by gf-smanager

8/9 持っている本がもっているもの

先週の土曜日、グリーンフラスコ初の試み「ブッククラブ」を開催しました。

「ブッククラブ」とは、アメリカ発祥で、定期的に仲間で集まり、読んだ本について
ディスカッションをするグループ活動を指すことが一般的なようです。

今回は本来の「ブッククラブ」を意識しすぎず、本の好きな人この指とまれ的な
イメージで募集してみました。
c0194387_20214622.jpg
自由が丘店入り口の本棚は、ほとんど”本の虫”代表椰子葉のセレクト。
ありがたいことに、この本棚を目当てに通ってくださるお客様もいらっしゃいます。

林真一郎の「ブッククラブ」と題して開催したセミナーでは、
まずはじめに、林が自宅の本棚より持参した書籍をみなさんに披露いたしました。
6冊中なんと4冊が廃番という、ある意味貴重なラインナップ。
林のお父様(も薬剤師)の代から使っている日本薬局方までありました。

つづいて参加者の方にも、お持ちいただいたお気に入りの本を、
順番に紹介していただきました。
好きな本の話だけでなく、自然と、ご自分のエピソードが添えられました。
本が間にあるだけで、なんだかお話しやすそう。
みなさまのお話、とても聞き心地がよかったです。

その日初めて会った方々が、それぞれの好きな本の話を共有する
結果、楽しい時間だったらいいなと思います。

グリーンフラスコのブッククラブは、そんな風にこれからも
続けていけたらと思っています。

参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

c0194387_20114971.jpg
こちらは参加者の方が書かれた、
「福」の字いっぱいの手拭いです。

古代文字だったり象形文字だったり、
素敵ですね~*

このときばかりは、スタッフ全員が
テーブルを囲んで感心しきり。
貴重な物を見せていただきました。
ありがとうございました!

次回は読書の秋に、「村上志緒さんのブッククラブ」を予定しています。
どうぞお楽しみに!
[PR]
by gf-smanager | 2011-08-09 20:48